“川浪”の読み方と例文
読み方割合
かわなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浜町河岸の淋しいあたり——一方は川浪、三方は広やかな庭——丸木屋とは、長崎以来の、これも、深い因縁の仲だ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
幾つもの段々をおりると、そこに草のい茂った堤らしいものがあって、かなりな幅の川浪が漫々とえていた。その果てに夕陽に照り映える日本海が蒼々がっていた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
ちゃぼりと川浪にこぼれ落ちた。
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)