“將軍家”の読み方と例文
新字:将軍家
読み方割合
しやうぐんけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御不如意はいづれも御同樣が、して豆州幸豐をいふ)には御先代より將軍家にまでもれたる御勝手
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
るとも明朝は未明に登城に及び直々將軍家に願ひ奉るよりなしと思案をめ家來を呼び出され明朝は六時の御太鼓相※に登城致す其用意いたすべしと云付けられたり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
此處多辨にや勿躰らしくして長々物語ぬ、祖父なりし將軍家からざりしこと、にて諸侯にもふべかりしを不幸短命にして病沒せしとか
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)