“婚儀”の読み方と例文
読み方割合
こんぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見染て來たといふは此もなき大幸なれば御苦勞ながら管伴どの明日にも先のへ行き身元正しき者ならば婚儀
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かへをかふれどれんともせずもすればにと決死素振油斷ならずはしかれありてのだねなり落附かすにくはなしとしては婚儀
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
カピ長 婚儀にと準備した一役目へて葬儀ひのしい、めでたい盛宴法事饗應しい頌歌れな挽歌新床死骸つ。