“國訛”の読み方と例文
新字:国訛
読み方割合
くになまり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見たところ、いかにも實直さうな人物で、まだ國訛も取れませんが、主人大澤彦四郎の、度を域した親切には、心から賛成し兼ねる樣子です。
だ」といふ言葉ひた。宗助は四五對坐して、談話はしてゐるうちに、御米口調何處にも、國訛らしいつてゐないいた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
のをのこ國訛にや、百年といふが百年々々ゆるもをかしく名所となりぬ。
逗子だより (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)