“嘉魚”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いはな50.0%
かぎょ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“嘉魚”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
わかきものの、やまふかあつさけたるが、くもみねたかいはに、嘉魚いはなりて一人ひとりたりけり。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
てまえどもは年々、北の産物を積んでは南へ下江し、南の物資を求めては北へのぼり、ここの嘉魚かぎょのように季節次第で河を上下している商人どもに相違ございません。実はいつものように、むこう岸の潯陽江じんようこうへ入って、明後日のいちへ商品を出すつもりでしたのが、あいにくとこの烈しい浪と、この風向きのために、どうしても彼方の岸へ寄せることができません。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)