“嘉例”の読み方と例文
読み方割合
かれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、先生嘉例としてすつた、水色べりをた、はい原製しい扇子を、めて、つて車上居直つた。してつて極暑一文じた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
正月の式などは御家の嘉例だから、席次なども厳しく守るが、饗応の宴は臨時のことで、さほど窮屈に考えることはあるまい、現に片倉小十郎どのなどは、自分より席次が下であるのに
この年毎の灌仏会の行事は私の家などでも嘉例の一つになっていた。
桜林 (新字新仮名) / 小山清(著)