“喜藏”の読み方と例文
新字:喜蔵
読み方割合
きざう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
めた、面長の、目鼻立はつきりとした、さぬ、中年増喜藏女房で、おといふ。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
柳屋土地老鋪だけれども、手廣をするのではなく、八九十もあらう百らずの部落だけを花主にして、今代喜藏といふ亭主が、自分りに𢌞るばかりであるから
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)