“古酒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こしゆ60.0%
こしゅ20.0%
クース20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
干飯古酒一筒、ちまき、あうざし(青麩)、たかんな(筍)方々の物送りふて候。草にさける花、木のとしてに奉る人、靈鷲山へ參らざるはなし。
古酒のつぼがべられてあり、しいは、のように御殿にいてさまのお相手をして、や、や、なるらかなは、となくとなく、雲間れたのであります。
北海の白鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
泡盛の匂ひを古酒を撒いて!
沈め (新字旧仮名) / 仲村渠(著)