“伏勢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふせぜい90.9%
ふくぜい9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
煙草盆のみして、にいまだ人影なき瀧君光景は、眞田六文錢伏勢く、諸葛亮八門遁甲る。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と、空をってうろたえた悍馬や猛兵が、むなしく退き戻ろうとするとき、一発の轟音を合図に、四面の伏勢がいちどに起って
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その旗艦らしい一艘には、あきらかに滝川左近将監の旗じるしが望まれた。何ぞ知らん伏勢があったのである。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)