“二三寸”の読み方と例文
読み方割合
にさんずん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
深山にある紅葉はまた種類ひ、ばんうつくしいのは、はうちはかへでで、それは羽團扇のようで、さが二三寸もあるきなものです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
それはたいてい二三寸から四五寸ぐらゐのきさのものがく、には一尺以上もあるのをかけますが、いづれも人間そのまゝの寫生的のものでなくて
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
つがおなじやうに、二三寸づゝ、縱横をおいて、悠然としてれてる。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)