“不義者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふぎもの40.0%
ふぎしゃ20.0%
ふぎしや20.0%
ぶぎもの20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“不義者”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「何が可愛い、そんなに可愛けりゃ、くれてやるから伴れて往け。きさまのような不義者ふぎものは、一刻いっときもおくことはできん、さっさと出て往ってくれ」
南北の東海道四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
おもへばわたし惡黨あくたうひとでなし、いたづらもの不義者ふぎものの、まあなんといふ心得違こゝろえちがひ、とつじつてあゆみもやらず
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かれはその眼中がんちゅう社会しゃかい人々ひとびとをただ二しゅ区別くべつしている、義者ぎしゃと、不義者ふぎしゃ
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
不義者ふぎしやと、さうして婦人ふじんこと戀愛れんあいこといては
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
不義者ぶぎもの見附けた、不義ふぎをいたした者は手討に致さねばならぬのが御家法だ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)