“やまとたけるのみこと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
日本武尊91.4%
倭建命5.7%
大和武尊2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勢籠をムレと読むことが忘られて、大を王と改め、日本武尊に附会したもので、信憑し難き説であることは一見して明かであろう。
マル及ムレについて (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
あるいは美濃の養老の由緒を明らかにした碑を建て、あるいは美濃垂井清水倭建命の旧蹟を考証して、そこに居寤清水の碑を建て、あるいはまた、継体天皇の御旧居の地を明らかにして
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
大和武尊さまのような、あんな御立派なおが、何故なれば海神りをわれたか?——これはらくどなたも御不審かとじまするが、もこれにつきて
あれほどの真心ですぐ神々御胸ぜぬことがあろう。それがじたればこそ大和武尊には無事に、あの災難りぬけることが出来たのじゃ。橘姫矢張るすぐれた御方じゃ。