“やまとたける”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤマトタケル
語句割合
日本武50.0%
倭建25.0%
日本武尊25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天皇の子の日本武やまとたけるが、その征伐にむかった。
其上我々の感情なり、思想なりが、一代毎に忘られて行つて、形さへ止めないものならば格別、実際日本武やまとたけるや万葉人の心は、現在われ/\の内にも活きてゐることを、誰が否むことが出来よう。
古語復活論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
若帶日子の命と倭建やまとたけるの命、また五百木いほき入日子いりひこの命と、この三王みはしら太子ひつぎのみこの名を負はし
ここに倭建やまとたけるの命、河よりまづあがりまして、出雲建いづもたけるが解き置ける横刀たちを取り佩かして、「易刀たちかへせむ」と詔りたまひき。
一〇 白鳥の社に落つる涙かな日本武尊やまとたけるの昔おもへば
鹿野山 (旧字旧仮名) / 大町桂月(著)