“ヤマトタケル”の漢字の書き方と例文
ひらがな:やまとたける
語句割合
倭建100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古事記の倭建ヤマトタケルの臨終の思邦クニシヌビ歌が、日本紀では、景行天皇の筑紫巡幸中の作となつて居り、豊後風土記(尚少し疑ひのある書物だが)にも同様にある。此はほんの一例に過ぎない。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)