“日本武”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまとたける66.7%
やまとたけ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後、熊襲がまた反抗した。天皇の子の日本武が、その征伐にむかった。ついで東夷が反乱をおこした。これも日本武が討伐に出むいたが、途中で病気になって死んだ。
其上我々の感情なり、思想なりが、一代毎に忘られて行つて、形さへ止めないものならば格別、実際日本武や万葉人の心は、現在われ/\の内にも活きてゐることを、誰が否むことが出来よう。
古語復活論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)