“小碓命”の読み方と例文
読み方割合
おうすのみこと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、それから五日もたっても、大碓命は、やっぱりそのままお顔出しをなさらないものですから、天皇は小碓命して
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
『書紀』に小碓命少女の装いで川上梟師したと出で、婦女男装して復仇したり、役者が女装して密通したりなど往々聞くが(『拾遺御伽婢子』三の三、『甲子夜話』続二一)
小碓命に恋を捧げて、その父を売った梟帥族の娘。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)