倭建やまとたける)” の例文
然れども大倭の國に、吾二人にましてき男はしけり。ここを以ちて吾、御名を獻らむ。今よ後一一倭建の御子一二と稱へまをさむ
この事し訖へつれば、すなはち熟苽のごと一三、振りきて殺したまひき。かれその時より御名を稱へて、倭建の命とまをす。
また倭建の命の曾孫名は須賣伊呂大中日子の王が女、訶具漏比賣に娶ひて生みませる御子、大枝の王。