“ひたぶる”の漢字の書き方と例文
語句割合
一向100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一向ひたぶるに名声赫々かくかくの豪傑を良人おっとに持ちし思いにて、その以後は毎日公判廷にづるを楽しみ
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
ただ機械の如くつかふるに過ぎざりしも、唯継は彼のものいふ花の姿、温き玉のかたち一向ひたぶるよろこぶ余に
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)