“なまぬる”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
生温81.8%
生暖10.0%
微温5.5%
生緩1.8%
生鈍0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちらと乾雲の刃を見ると、人を斬らずにはいられなくなる左膳、このごろでは彼は、夜生温い血しぶきを浴びることによってのみ
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そこから暗く生暖い、まるで何かの胎内ででもあるかのような——それでいて、妙にみを帯びた闇が始まっていた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
で、た私は起き上った。微温い風が麦畠を渡って来ると、私の髪の毛は額へさるように成った。復た帽子を冠って、歩き廻った。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
併し色が生白けて眉毛がチヨロけて眼尻が垂れ、と失礼の云分だが文庫の挿絵の槃特に何処かてゐた。第一な眼付をして生緩かれるとつと身震が出る。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
芸妓の生鈍い肉声に歌われて、いわゆる緑酒紅燈の濁った空気の中に、何の威厳もなく、何の情趣も無しに迷っているのに較べると
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
こんな生鈍い汽車でよく戦争が出来たものだと云う人もある。なにか故障が出来たのだろうと弁護する人もある。戦争中にあまり激しく使われたので、汽車も疲れたのだろうと云う人もある。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)