“じめん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
地面91.8%
字面8.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白い紙きれは、人びとの頭の上をかすめて、地面じめんに落ちました。みんなが、争ってそれを拾っています。その紙きれには、
電人M (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
どこを見まわしても、地面じめんの上にはもう雪はないのに、大きなマツの枝の下だけには、まだ雪がずいぶんつもっています。
これは母をおもうが故に改めたので、母は五百いお字面じめんならざるがために、常に伊保と署していたのだそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ゑがかれた無論むろん冒險者アドヹンチユアラー字面じめんゆる範圍内はんゐないで、もつとつよ色彩しきさいびたものであつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)