“じふばい”の漢字の書き方と例文
語句割合
十倍100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
可笑しらしくして機嫌れば、十倍百倍しろく、吾助々々きまとひてれず、面白しとけばれをまヽ令孃りて、吾助しはごともならぬつき
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さらばさもにはあらず、どころかきしよりは十倍二十倍し、さても、其色尋常えなば、根生ひのばらのさへ、絹帽まれたしとふならひを、美色にて何故ならん
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)