“しまなが”の漢字の書き方と例文
語句割合
島流100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
月見にといってあなたをして、こんな山奥れてたのは、今年はあなたがもう七十になって、いつ島流しにされるかからないので
姨捨山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
ですかね、島流しにでもつて、遣場のなさに、砂利んで投込んででもるやうな、心細い、可哀えて、病院土塀つてるんですから、あゝ、だ。……
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
母親をかくした百姓はむろんしてやるし、これからは年寄島流しにすることをやめにしよう。
姨捨山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
といって、七十をした年寄らず島流しにしてしまいました。
姨捨山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)