“かみや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
紙店44.4%
神谷22.2%
紙屋22.2%
神矢11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
えゝ浅草の三筋町——俗に桟町さんまちという所に、御維新ごいっしん前まで甲州屋と申す紙店かみやがござりました。
闇夜の梅 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
学校と露路をあいにして、これも元禄げんろく年間に建った表町通りの紙店かみやの荷蔵がある。
「おとっさん、ここに神谷かみや八郎右衛門とありますよ。ホ、この人は外桜田門の警衛だ。」
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
紀州高野山きしゅうこうやさんの道中で、椎出しいでから神谷かみやの中間に、餓鬼坂がきざかと云うがある、霊山を前に迎えて風光明媚ふうこうめいびところ
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
しゃべったの、しゃべらねえのだんじゃねえや。紙屋かみや若旦那わかだんなをまるめんで。——」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
福島は都でありますから、町を歩くと、塗屋ぬしやだとか紙屋かみやだとか土地出来の品を置くよい店を見出します。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
そんなことばかり言ってたってしょうがない。現実に四人までそんなふうにして殺されているんだから、いずれにしてもなにかの方法で殺ったのに相違ない。近江屋の一家に隠れた悪業あくごうがあって、大国魂おおくにたまさまが罰をあたえるためにお神矢かみやを放ったというわけでもありますまい。
顎十郎捕物帳:23 猫眼の男 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)