“大国魂”の読み方と例文
読み方割合
おおくにたま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大国魂さまの御霊遷のある刻限前に、どうでも府中まで駈けつけねばならぬ用事があって、甲州街道の駕籠立場まで来て、むこうっ脛の強そうなのを選んでいると
顎十郎捕物帳:23 猫眼の男 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
東京には招魂祭、府中には大国魂神社の祭礼があるので、甲州街道も東へ往ったり西へ来たり人通りがやかだ。新宿、九段、上野、青山とって、帰途に就いたのが、午後四時過ぎ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
字は禄所が正しいという説もあるが、本社祭神は大己貴命相殿として素盞嗚尊伊弉冊尊瓊々杵尊大宮女大神布留大神の六座(現在は大国魂神社)。武蔵では古社のうちへ数えられるのだ。
怪異暗闇祭 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)