“曲角”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まがりかど88.5%
きよくかく7.7%
カアブ3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は四谷見附を出てから迂曲した外濠のの、丁度その曲角になっている本村町の坂上に立って、次第に地勢の低くなり行くにつれ
そして曲角にかゝると無益な人形を振り落さうとでもするらしく、そのにお客は横へけし飛びさうになつたが、唯一人大久保氏のみは、もない顔で衝立つてゐる。