“かくしつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
確執86.7%
各室6.7%
客室6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日の家士同士の喧嘩などは、ほんの一例でしかなく、その確執かくしつは、もっと遠い日からの、根元的なところにあった。
検覈けんかくすることを、そうしてそれが彼らの確執かくしつを最も早く解決するものなることを忘れていたのである。
海底戰鬪艇かいていせんとうてい内部ないぶ各室かくしつ裝飾用さうしよくようにと、る/″\本國ほんごくからたづさへてた三百餘反よたん白絹しろぎぬをば
もとより如何いかなる人にても、かつて面会をこばみし事のなき妾は、直ちに書生をして客室かくしつしょうぜしめ、やがて出でて面せしに
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)