“おんき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
温気33.3%
瘟気16.7%
遠忌16.7%
御聞8.3%
怨鬼8.3%
温岐8.3%
遠諱8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地に落つる光は、ゆる暇なきを、重たき温気おんきに封じ込められて、限りなき大夢を半空にく。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
幕外そとは耳もきれそうな霜夜しもよだが、帳内ちょうないは火があるので汗ばむ程の温気おんき
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
雪渓を吹き下ろす冷い風に、蒸し暑い谷の瘟気おんきがとれて、久し振りに蘇ったような気持になった。
黒部川を遡る (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
それから『煉化篇』を案ずるにいわく、正旦鶏子赤豆七枚を呑み瘟気おんきを辟くとあるが、鶏卵七つも呑んでは礼廻りの途上で立ちすくみになり、二日のひめ始めが極めて待ち遠だろうから直ちに改造と出掛けたものか、『肘後方ちゅうごほう』には元旦および七日に、麻子
定家の後裔冷泉為臣れいぜいためおみ伯爵自ら編纂した『藤原定家全歌集』が、定家七百年遠忌おんきの記念として出版された。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
小説の史跡を論ずるのは極楽の名所図会ずえや竜宮の案内記を書くようなものだが、現にお里の釣瓶鮨つるべずしのあとも今なお連綿として残り、樋口の十郎兼光の逆櫓さかろの松も栄え、壺阪では先年沢市さわいちの何百年遠忌おんきだかを営んだ。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
かく/\と語れば、「そはけがたき事」とうちかたぶき打かたぶきするほどに、又も一声ひとこゑ二声ふたこゑうちしきれば、「あれが声を郭公ほとゝぎすとや。いかにしてさはおぼしつるぞ、いとよき御聞おんききざま」と、友は口おほひもしあへずみくつがへる。
すゞろごと (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
佐良井の身体からだは、もんどり打って下へ、無間むげん地獄へち行く怨鬼おんきのように落ちて「死の舞踏ダンスマカブル」の最後の一弾を終った私は、そのままピアノの上へ失神してしまいました。
死の舞踏 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
温鍾馗と云うのは、恐らくは太原の温岐おんきの事だろう。またの名は庭筠ていいんあざな飛卿ひけいである。挙場にあって八たび手をこまぬけば八韻の詩が成るので、温八叉おんはっしゃと云う諢名もある。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
やっとのことで、大正十年が一千三百年の遠諱おんきに当るということに気がついた。