“いきどおり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
61.5%
憤怒23.1%
憤恨7.7%
憤懣7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
台所の豪傑儕座敷方僭上栄耀栄華を発し、しゃ討て、緋縮緬小褄の前を奪取れとて、将軍が押取った柄杓の采配、火吹竹の貝を吹いて、鍋釜の鎧武者が
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私はあの七年住慣れた小楼に、土の気息にまじって通って来るかすかな風の歎息のようにして、悲しい憤怒の言葉を残して来た。そうだ。光と熱と夢の無いの願い、と言った人もある。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「願くはわが憤恨られ、わが懊悩のこれと向いて天秤にかけられんことを」というは、友の観察の浅きを責めし語である。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
頼長はそれをひと目見て、彼女の僭上を責めるよりも、こうした仰々しい姿にいでたたせた兄忠通の非常識に対して十二分の憤懣を感じた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)