“いきどほり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
64.0%
憤怒28.0%
憤懣8.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分はに堪へない心持で、その車力を憎み、同時に女の身の上を氣づかつたが、子供心にも女の身は無事だつたと認めて、多少は安心した。
貝殻追放:016 女人崇拝 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
殘らず呼出し吟味に及びけれ共皆々一に知らざる申ければ主税之助は憤怒是れ必らず腰元お島の手引にて藤五郎兄弟を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
へるその憤懣は如何ならん。必ずかの人のう激せるを見ば、静緒は幾許我を怪むらん。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)