“飮物”の読み方と例文
新字:飲物
読み方割合
のみもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
醫員のハヾトフも時々ては、何故かアルコール分子つてゐる飮物せ。ブローミウム加里めとめてくので。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
けれど、今の場合では、一滴の飮物でも一のパンでも咽喉をつまらせるやうな氣持がしたので、私は兩方とも押しやつてしまつた。ヘレンは、多分びつくりして、私を見たのだらう。
あの追放人無頼漢んでゐるマンチュアに使り、さるめて尋常ならぬ飮物彼奴めにませませう、すればてチッバルトが冥途道伴。さうなれば其方まう。