“面啖”の読み方と例文
読み方割合
めんくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
面啖つて、へどもどしながら、そんなでもでも、拍子だか、工合ひ、らないだらけたが、朝鮮支那留學生ら。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「それには及ばんですよ、ええ、何の、御新姐。」と面啖って我知らず口走って、ニコチンの毒を説く時のような真面目な態度になって、衣兜に手を突込んで、肩をもそもそとって
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
下駄じゃあねえか、下駄じゃあねえか、串戯じゃあねえ、何を面啖ったか知らねえが、そいつを懐に入れるだけのが有りゃ、向脛をかッぱらってげるゆとりはありそうなもんだぜ。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)