“集金”の読み方と例文
読み方割合
あつめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
己れの為に倹約してくれるのだから気の毒でならない、集金くうちでも通新町や何かに随分可愛想なのが有るから、さぞお祖母さんを悪るくいふだらう、それを考へると己れは涙がこぼれる
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
集金に行くうちでも通新町や何かに隨分可愛想なのが有るから、嘸お祖母さんを惡るくいふだらう、夫れを考へると己れは涙がこぼれる、矢張り氣が弱いのだね、今朝も三公の家へ取りに行つたら
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
集金くうちでも通新町かに隨分可愛想なのがるから、祖母さんをるくいふだらう、れをへるとれはがこぼれる、矢張いのだね、今朝も三りにつたら
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)