“鉈豆”の読み方と例文
読み方割合
なたまめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爺様じいさん鉈豆なたまめのような指のさきで、ちょいと押すと、そのされたのがグググ、手をかえるとまたほかのがググ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ノロ甚」は、にたついて、鉈豆なたまめ煙管をひねくりまわしている。この将棋には、いくらかかっているので、どちらも、真剣だ。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
近藤は大きな鼻眼鏡のうしろから、けわしい視線を大井へ飛ばせたが、大井は一向いっこう平気な顔で、鉈豆なたまめ煙管きせるをすぱすぱやりながら、
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
と仲間体の男はなにげなきていで返事をして、お茶を飲んでしまうと懐中からかますを取り出して、炭火で火をつけて鉈豆なたまめでスパスパとやり出しました。
しかし爺やは何を言われても、苦笑いにまぎらせながら、鉈豆なたまめ煙管きせるをくわえたまま、ぼんやりと休んでいました。
朴の咲く頃 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
夫はそういい、せめて鉈豆なたまめのようなものもないかと尋ねてみたが、これもやはり一粒もなかった。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
黒桟くろざん一寸ちょいと袂持たもともちの間に此の鉈豆なたまめ煙管きせるが這入って、泥だらけになって居るのを拾ったんで、掃除をして私が大切に持って居りますが、実はわたくしどもの持つ物ではございませんから
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
真鍮の鉈豆なたまめ煙管で、煙草を吸うのにも、いらだたしげに、それをはげしく火鉢にたたきつけて、火を落す動作にも、内心の憤りが、掩いがたく、露出していた。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
近藤は鼻眼鏡のうしろの眼を閉じてしばらく考にふけっていたが、やがて重々しい口を開こうとすると、また大井が横合いから、鉈豆なたまめ煙管きせるくわえたままで、
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
一通りみんな植えつけてしまうと、爺やは私のそばに腰を下ろした。私の与えた巻煙草まきたばこを彼は耳にはさんだきり、それを吸おうとはせずに、自分の腰から鉈豆なたまめ煙管きせるいた。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)