“裏表”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うらおもて92.3%
うらはら7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“裏表”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
花前と大悟徹底だいごてっていとは、裏表うらおもてであるが、自分と大悟徹底とは千葉と東京とのであるように思われた。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
裏表うらおもてともけられるやうな工合ぐあひに、少し気取きどつて注文をしたもんぢやから、手間てまが取れてまだ出来できぬが
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
此頃ではまるで裏表うらはらになつてしまつて、歌舞伎は一年ましに繁昌して、操りは有れども無きが如くではないか。
近松半二の死 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)