“蜈蜙”の読み方と例文
読み方割合
むかで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
對州は大きな蜈蜙が穴から出かけたやうでもあるし又やどかりが體を突出したやうでもあつて、山許りだから丁度毛だらけのやうに見える。
壱岐国勝本にて (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
両眼真黄色な絵具の光る、巨大な蜈蜙が、赤黒い雲の如くを巻いた真中に、俵藤太が、弓矢をんで身構えた暖簾が、ただ、男、女と上へ割って、柳湯、と白抜きのに懸替って
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白雪皚々たる谷に山に松火の光煌々と一列を作っていて見えたが、それもしばらくの眺めであって、蜈蜙穴へ隠れるがよう、対山の蔭へ追々全く火の光の隠れた頃、永い冬の夜も明け初めた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)