“藪柑子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やぶこうじ66.7%
やぶかうじ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊に近頃は見越しの松に雪よけの縄がかかったり、玄関の前に敷いた枯れ松葉に藪柑子の実が赤らんだり、一層風流に見えるのだった。
玄鶴山房 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「……寿限無寿限無五のすり切れ、海砂利水魚の水行末雲来末風来末、食う寝る所の住む所、やぶら小路藪柑子……」
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
よく見ると白い寂しい茸が五六本生えてゐて、うすぐもりの日かげが何時の間にか疎いひかりとなり、藪柑子のあたまを染めてゐる。
名園の落水 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
龍の髭の紫、千兩、萬兩、藪柑子、さては南天の白と紅。隱れたところにある庭の隅なぞに、それ等の草木の實を見つけるのはうれしい。
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)