“藪柑子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やぶこうじ66.7%
やぶかうじ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“藪柑子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
殊に近頃は見越しの松に雪よけの縄がかかったり、玄関の前に敷いた枯れ松葉に藪柑子やぶこうじの実が赤らんだり、一層風流に見えるのだった。
玄鶴山房 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
貝細工のような福寿草よりも、せせこましい枝ぶりをしたはちの梅よりも、私は、わらで束ねた藪柑子やぶこうじの輝く色彩をまたなく美しいものと思った。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
杉の根方には藪柑子やぶかうじ、匂ひのないのぎ蘭、すぎごけ、……數々の矮小わいせうな自然が生えてゐた。
闇への書 (旧字旧仮名) / 梶井基次郎(著)
よく見ると白い寂しい茸が五六本生えてゐて、うすぐもりの日かげが何時いつの間にか疎いひかりとなり、藪柑子やぶかうじのあたまを染めてゐる。
名園の落水 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)