“薄白”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うすじろ90.0%
うすじら10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨夜盛高な形をして居た火は夢を見て居た塚の中の骨の様にく崩れて刹那に皆薄白い灰に成つて仕舞つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
た※渺々としてもない暗夜に、雨水薄白いのが、のやうにつて、んだが、どろ/\と線路してさうにさへはれる。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この時突然二頭の鹿が、もう暗くなった向うの松の下から、わずかに薄白んだ川の中へ、水煙を立ててりこんだ。そうしてを並べたまま、必死にこちらへ泳ぎ出した。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)