“苦参”の読み方と例文
旧字:苦參
読み方(ふりがな)割合
くじん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“苦参”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「これは苦参くじんといってのみよけのおまじないになる。見かけたところ、この宿屋には蚤がいるにちげえねえ、これを蒲団ふとんのしたにしいてお寝」
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
苦参くじんという草を床の下へ敷いて寝るか、からたちの葉を抱いて寝るとのみよけになるということにまで源内談義が及びかけた時――不意に、今までヒッソリしていた隣り座敷で、
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)