“箭先”の読み方と例文
読み方割合
やさき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勘次つた箭先にかういふことで自分でも落付かない、こそつぱくてらない心持がするのではずに近所義理すからといつてつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ロミオ 彼奴箭先かゝってゐるゆゑ、りたとてもられぬわい、のやうにもべず、しいひにがれてゐるゆゑ、のやうにうもべぬ。重荷壓伏けらるゝばかりぢゃ。