“箭風”の読み方と例文
読み方割合
やかぜ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きのう今日の山戦が、全日本の戦乱へとひろがってゆく先駆の箭風であろうなどとは、誰ひとり考えてもいなかった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ざっと十万ばかりおりましょう。しかし狐群狗党の類で、紀律も隊伍もなっていません。正面から強弓をならべ、少し箭風を浴びせて下さい。それがしが機を計って右翼から駈け散らします」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)