“箭飛”の読み方と例文
読み方割合
やとび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
波間隠推流さるるは、人ならず、宮なるかとを定むる折しもあれ、水勢其処に一段急なり、在りける影はを放れし箭飛して、行方も知らずと胸潰るれば、ち遠く浮き出でたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)