“竹麦魚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はうぼう50.0%
ほうぼう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神饌は酒、餅、赤飯、竹麦魚、蜜柑、水、塩の七種であつた。此祠は阿部家に於て由緒あるものであつたので、祭日には阿部侯の代拝者が来た。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
竹麦魚 七七・三八 一八・一二 三・三〇 一・二〇
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)