百日紅ひゃくじつこう)” の例文
杉の生垣をめぐると突き当たりの煉塀の上に百日紅の空に映じていて、壁はほとんどで埋もれている。その横に門がある。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
初夏夕映の照り輝ける中に門生が誠意をめてげた百日紅樹下に淋しく立てる墓標は池辺三山の奔放淋漓たる筆蹟にて墨黒々と麗わしく二葉亭四迷之墓とせられた。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
石榴の花と百日紅とは燃えるような強い色彩を午後の炎天にし、眠むそうな薄色の合歓の花はぼやけた刷毛をば植込みの蔭なる夕方の微風にゆすぶっている。単調な蝉の歌。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その内に彼等の旅籠の庭には、もう百日紅の花が散って、踏石に落ちる日の光も次第に弱くなり始めた。二人は苦しい焦燥の中に、三年以前返り打に遇った左近の祥月命日を迎えた。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
かの石の鳥居まで、わが家より赴くには、路のほどいとなりと思いしに、何事ぞ、ただ鼻の先なる。宮の境内もに広からず、引抱えて押動かせし百日紅も、肩より少し上ぞなる。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大きな百日紅がある。しかしこれは根が隣にあるので、幹の半分以上が横に杉垣から、こっちの領分をおかしているだけである。大きな桜がある。これはたしかに垣根の中にはえている。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)