“煉塀”の読み方と例文
読み方割合
ねりべい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
杉の生垣をめぐると突き当たりの煉塀の上に百日紅の空に映じていて、壁はほとんどで埋もれている。その横に門がある。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
豊吉は物に襲われたように四辺をきょろきょろと見まわして、急いで煉塀を曲がった。四辺には人らしき者の影も見えない。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)