“ひゃくじつこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
百日紅100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その内に彼等の旅籠の庭には、もう百日紅の花が散って、踏石に落ちる日の光も次第に弱くなり始めた。二人は苦しい焦燥の中に、三年以前返り打に遇った左近の祥月命日を迎えた。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
かの石の鳥居まで、わが家より赴くには、路のほどいとなりと思いしに、何事ぞ、ただ鼻の先なる。宮の境内もに広からず、引抱えて押動かせし百日紅も、肩より少し上ぞなる。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大きな百日紅がある。しかしこれは根が隣にあるので、幹の半分以上が横に杉垣から、こっちの領分をおかしているだけである。大きな桜がある。これはたしかに垣根の中にはえている。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)