“男郎花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おとこえし75.0%
をとこへし25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女郎花撫子、女郎花に似て白い花(男郎花とも違う)それにあざみなどが咲き満ちているさまが美しかった。
別府温泉 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
撫子石竹桔梗、矢車草、風露草、金魚草、月見草、おいらん草、孔雀草、黄蜀葵女郎花男郎花秋海棠、水引、雞頭、葉雞頭、白粉鳳仙花紫苑、萩、、日まわり、姫日まわり
薬前薬後 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
小野の頼風が塚に生ひけん草を男郎花とよび、女の塚なるをこそ女郎花とは呼べ。我が文ぞ僞りなる。あな物狂ほし。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)