“牛頭馬頭”の読み方と例文
読み方割合
ごずめず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その音声その語調は牛頭馬頭の鬼どもが餓鬼を叱るもかくやらんとばかりに思はれてなかなかに前の肥えたる曹長をやさしくぼえ初めぬ。
従軍紀事 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
鰐淵直行、この人ぞ間貫一が捨鉢の身を寄せて、牛頭馬頭の手代と頼まれ、五番町なるその家に四年今日まで寄寓せるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お鶴はい目を下ぶせに、真中にすらりと立って、牛頭馬頭のような御前立を、心置なく瞰下しながら、仇気なく打傾いて
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)