“右馬頭資時”の読み方と例文
読み方割合
うまのかみすけとき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
按察大納言資賢の御子息、右馬頭資時一人を供にして、いずくともなく、そっと御所を忍び出られた。誰一人としてこのことに気づいた者はいなかった。
寿永二年七月二十四日夜半、後白河法皇は按察使大納言資賢の子息右馬頭資時ただ一人を供にして、折からの闇にまぎれ人目を忍んで、御所を出た。行先は鞍馬の奥である。
按察使の大納言資賢和琴を鳴らし、その子右馬頭資時風俗催馬楽を歌い、四位の侍従盛定は拍子をとりながら今様を歌うなど、和気藹々のうちに得意の芸が披露されていた。