“河床”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かわどこ55.6%
かはどこ22.2%
かしょう11.1%
かわぞこ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“河床”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 物理学 > 物理学4.3%
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
浅い河床かわどこの真中を、少しばかり流れている水が、ぼんやり見える橋杭はしぐいの下で黒く消えて行く時、かすかに音を立てて、電車の通る相間あいま相間に、ちょろちょろと鳴った。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
考えてみると、河床かわどこは、河心かしんへ向って、だんだんに深くなっているので、雨ふり揚句あげく水嵩みずかさが増した時などには、其の方へだんだん移動してゆくのが自然だった。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
身も世もなく、氣もゆるんで、茫然と、私は自分を大きな河のかわいた河床かはどこに横たへてゐるやうな氣がした。
やはらかに柳つらなり河床かはどこも野山も朱なる金州の土
蛇行だこうの波長が河床かしょうの幅に対して長いような場合に特にこれが問題になるであろう。
自然界の縞模様 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そこらあたりは利根川の河床かわぞこよりも低い卑湿地ひしっちで、小さい沼が一面にあった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)