“押収”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうしゅう66.7%
あふしふ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“押収”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これ等は時を移さず警察へ押収おうしゅうされたが、親分加藤吉蔵は既にお由殺しの有力な嫌疑者として、主任と入れ違いに拘引されていたのであった。
白蛇の死 (新字新仮名) / 海野十三(著)
証拠物件は押収おうしゅうされてしまった――
余が去れる後数分、警吏は令状をたづさへて平民社をたゝけり、厳達して曰く「嗚呼あゝ増税」の一文、社会の秩序を壊乱するものありよつて之を押収あふしふすと、
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
PR